無料相談
メール相談

Twitter相談 ※リプライやメッセージください

電話相談
※ ご予約優先のため、お時間をいただく場合がある点をご容赦ください。





このエントリーをはてなブックマークに追加



ローンの審査項目例

ローンの審査項目には例として以下のようなものがあります。

離職率の高い職業や、危険を伴う職業ではないか?
安定して収入が継続する見込みがあるか?
借りすぎていないか?
などなど
いろいろな項目を判断材料にしています。
そして、これらに1つでも不安材料があると
審査に大きな影響が出てしまうことになります。

年齢

ローンを借りるときの年齢だけでなく、
返し終わるときの年齢(完済年齢)も考慮されています。
自分は若すぎるし大丈夫だろうか?
と心配される方もいますが、
住宅ローンでは場合によっては、
50年ローンというとてつもないローンを組むことも可能です。

職業

安定した職業についているかが特に重要になります。
派遣で800万円の年収があるよりも、
公務員で500万円の年収の方が審査上、高ポイントです。
職業によっては、現在の年収が高いだけでは希望額を借りられないこともあります。

勤続年数

勤続年数は、ローンを借りた後に、
安定して支払をしてくれるか見極める大事なポイントになります。
すぐに仕事を辞めてしまわれると、支払が滞る可能性も上がってしまいます。
また、勤続3年未満だと借入は厳しいという見方をされてしまう場合もあります。

収入

収入は、返済負担を見るための重要なポイントとなります。
返済負担率が高い場合、
そもそも返せなくなる可能性が高くなります。
それを事前に防ぐために、
収入の何%までなら貸し出しができるという。
ある程度の目安を作っておくわけです。



最近追加・更新したコンテンツ









最近更新の記事