無料相談
メール相談

Twitter相談 ※リプライやメッセージください

電話相談
※ ご予約優先のため、お時間をいただく場合がある点をご容赦ください。





このエントリーをはてなブックマークに追加



住宅の検討

ライフプランを立てていく中で、
夢や希望、目標として、多くの人が住宅に関することに
大きな関心を持っています。
そして、住宅の計画においては大きなお金がかかります。

住宅の購入を検討されている方もたくさんいます。
また、住宅は既に購入しており、
住宅ローンの返済方法で節約したい方や、
将来の修繕計画や買い替えを計画している方もいます。
いずれにしても、多くのお金がかかるか、
かかっていることには違いありません。

また、賃貸が得か?購入が得か?
という議論を多く聞くようになってきましたし、
マンションか?戸建てか?
についても議論されているところではあります。

こういった、住宅の資金計画や、どういう住まいを選ぶかにおいて
私が答えるたった1つのことは、
あなたは住宅に何を求めていますか?
というただ1つです。

例えば、家族と共に過ごす空間を、
ちょっとした金銭の損得で考えることが、
そもそも損だと言えます。
「広いリビングが吹き抜けになっており、2階の子供部屋まで目が届く、
子供はリビングに向かってひょっこり顔をだし、勉強教えてー!」
という住宅を求めている人もいるかもしれません。
または、
「びっくりするくらい広くなくてもいい。家族がゆったり過ごせる
リビングで、みんなで読書したり、子供が勉強している空間がいい!
リビングで勉強する子は成績が伸びるという本を見た!」
という方もいます。
人にはそれぞれ個性があり、ライフプランがあります。
住宅を考えるときも個性、ライフプランを考えるべきですよね?

住宅ローンの返済計画や、リフォームを考える場合においては、
通常は、現在の年収などから、住宅ローンがきちんと返せるか?
リフォーム資金がきちんと貯蓄できるか?を計算します。
また、ローンについては、
固定金利と変動金利のメリット、デメリットについて
きちんと覚えておく必要がありますし、
ローンの借り換えは得!という宣伝もよく聞くように
借り換えると得になる場合もあります。
しかし、繰上げ返済をした方が特になる場合もあります。

そして、住宅計画のみならず、教育の計画や老後の計画、
または家族にとって大事な計画が盛り込まれているでしょうか?

総合的な計画を立てることによって、いつ、何に備えるべきか
それを、考える必要があります!



最近追加・更新したコンテンツ









最近更新の記事