無料相談
メール相談

Twitter相談 ※リプライやメッセージください

電話相談
※ ご予約優先のため、お時間をいただく場合がある点をご容赦ください。





このエントリーをはてなブックマークに追加



結婚の準備

ご自身の結婚を考える場合、
プロポーズから実際に結婚式を挙げるまでには
意外に時間がかかり、することも多くなります

予算を決め、婚約指輪や結納を考え
結婚式会場を探し、ドレスを決めて、招待客を決め、
ドレスが決まったら自分の衣装も決め、
一生つける結婚指輪に悩み
料理やケーキや、披露宴での演出や、BGMに悩み
会場の受付や挨拶や乾杯のお願いをし
二次会を考えていれば、友人などにも相談をし、
新婚旅行の行き先を決めたり、
ヘアメイクチェックやエステに通い・・・。
などなど、実は猛烈に忙しいです。

また、結婚式や披露宴にはいろいろな形式がありますが、
総費用の平均はおよそ300万円近くと言われています。
自分たちの貯金で全てどうにかするには・・・?
と考え出すと、なかなか難しくなってしまいますが、
多くの方はご両親からなんらかの支援を受けています。
また、思っている以上にご祝儀もあるものです。

では、自分たちが両親の立場で
お子様の結婚のための資金を用意する場合は?
というと、現在の平均的な援助額はおよそ100万円となっています。
意外と多くのお金に感じられますが、
こどもが生まれたときから、しっかりと準備をしておくと、
20年~30年の間に100万円、1年辺り5~3万円程度の貯蓄でよいと考えると、
それほど多くはないと感じられると思います。

ところで、「お金がないから結婚できない。」と言うようなことを
耳にすることも多いかと思いますが、
実は、お子様誕生までの、夫婦共働きの期間が
1番お金にゆとりがある期間です。
そして、この期間にしっかり準備することで、
家計の基盤をがっちりと固めることができます!

他にも、家族としての保険を考える場合や
ご両親が既にかけてくれていた保険の受取人の変更など
新生活と同時にきちんと見直しや計画が必要です。
新生活と同時にライフプラン。絶対必要ですね!



最近追加・更新したコンテンツ









最近更新の記事